スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界のエリートはなぜ美意識を鍛えるのか 4/5

  例えば、諸君が野原を歩いていて一輪の美しい花の咲いているのを見たとする。
  見ると、それは菫の花だと解る。なんだ、菫の花か、と思った瞬間に、諸君は花の形も色も見るのを止めるでしょう。
  諸君は心の中でおしゃべりをしたのです。菫の花という言葉が、諸君の心の内に這入って来れば、諸君は、もう眼を閉じるのです。それほど、黙って物を見るという事は難しい事です。菫の花だと解るという事は、花の姿や色の美しい感じを言葉で置き換えてしまうことです。
  言葉の邪魔の這入らぬ花の美しい感じを、そのまま、持ち続け、花を黙って見続けていれば、花は諸君に、かって見たこともなかった様な美しさを、それこそ限りなく明かすでしょう。

小林秀雄 「美を求める心」

  承前の内容です。すばらしいフレーズを紹介していただきました。
  昔読んだ「わかったつもり」の主張、つまり、「言葉の背景にある、スキーマ(言葉に付随する概念、既成概念)、コンテクスト(文脈)に注意を払え」に私はとても共感を覚えていますが、冒頭の文章もよく似た考えかただと思いました。「わかったつもり」では、相手の言葉に付随する概念に注意しなさい、あるいは自分が発する言葉を相手がどう受けとるか注意しなさい、という教えが述べられていますが、冒頭の言葉は、自分自身がもつ言葉のスキーマ(既成概念)、コンテクストに縛られることがないよう注意しなさい、と言うこと。自分自身の言葉に自分の考えが縛られることを戒めています。
 ‎
  現代は即断即決、スビーディな判断が必要になっています。しかしながら、他人の考えに対する評価、自分のアイデアに対する判断など、スピードを求めるあまり底の浅いものになってはいないでしょうか?人間の判断よりAIの判断が正しいとされる研究事例も数多くあるようです。
  スピーディーに判断できる人は自分の直感を信じて判断します。直感は潜在意識、ダニエル・カーネマンの言う「システム1」の働き、意識に上る前に自動的に情報選別してしまうシステムです。直感の拠り所とする材料が少なかったり、歪んでいたりしたら判断がおかしなものになってしまうのも当たり前です。
 ‎そこを補うのが「アート」に対する鋭い感覚、ということなんですね。


 

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

世界のエリートはなぜ美意識を鍛えるのか 3/5

 高度な意思決定の能力は、はるかに直感的・感性的なものであり、
絵画や音楽を「美しいと感じる」のと同じように、
私たちは意思決定している。

   傍証や研究成果を示しながら上の言葉の意味を解説しています。ひとつは「ソマティック・マーカー仮説」。感受性や情動を司る脳の部位が損なわれると、論理的思考は損なわれていないにもかかわらず、意思決定できなくなる、という事実に基づき、情報に接した時に呼び起こされるいろいろな感情が意思決定に重要な役割を担っているという仮説です。
   もうひとつは、「リーダーシップとセルフアウェアネスの高い相関」。ソマティクマーカーすなわち自分自身が発する信号を正しく検知できる「セルフアウェアネス」の能力とリーダーシップの相関がコーンフェリーヘイグループの研究で示されているそうです。

   その流れの中で、マッキンゼーやハーバードなどの「マインドフルネス」教育の強化の話が述べられています。
   ‎「マインドフルネス」。過去や未来に意識を奪われることなく、この瞬間の自分の内部で起きていることに、深く注意をはらうこと、と説明されていますが、これはまさしく禅で云う「平常心是道」、あるいは「内観」。「考えない練習」「平常心のレッスン」に書かれていることとほぼ同じだと思います。私は単に心の在り方を示すものと思っていたのですが、意思決定の能力にもつながる話だったんですね。

   要するにこの本では、「マインドフルネス」の訓練を通じて一切の既成概念、執着を取り払うことで本当の「美」を見いだすことができる、と主張しています。そして、「美」を見いだす力は「高度な意思決定」の能力につながっていると、平たく言えばそういうことなんですね。


 

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

世界のエリートはなぜ美意識を鍛えるのか 2/5

 外観もテクノロジーも簡単にコピーすることが可能ですが、
世界観とストーリーは決してコピーすることができないのです。

  Appleと、そのデザインを真似しているといわれているSamsungやHuaweiなどとの比較が一番わかりやすいですね。Samsung, HuaweiがどれだけAppleのデザインを真似ようと、コアなiphoneファンはファンであり続けます。この本では、「アップル製品を使っている私」「アップルを使っているあの人は、そのような人だ」という文言で、世界観やストーリーの重要性を説いています。そういうことを説いたブランディング戦略の本は数多くあります。

  じゃあどうやったらそういう世界観を築ける人になれるのか?それがこの本の主題、新しいところだと思います。
  この本では、経営における意思決定のクオリティを決めるものとして、アート、サイエンス、クラフトの3つの要素に分けています。
  サイエンスとクラフトは客観的で説得力があり周りを説得しやすい。でも「世界観」や「ストーリー」を作る能力は「アート」。「アート」は客観的な議論に馴染まないが、だからといってないがしろにしてはいけない、と。そういうことなんですね。


 

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

世界のエリートはなぜ美意識を鍛えるのか 1/5

 正解を出せる人が少なかった時代には、「正解」には高い値札がつけられましたが、
これほどまでに「論理思考」などの「正解を出す技術」が普遍化した結果、
 いまや「正解」は量販店で特売される安物、
つまり「コモディティ」に成り下がってしまったわけです。

  近頃は目が悪くなり、本を読むスピード、集中力がなくなってきました。さらには新しく感心することも少なくなってきました。歳とって感受性が低くなったからなのか、それとも二番煎じ三番煎じの内容が多くなったのかよくわかりませんが。

  今回の本、これは面白いと感じたので久々にアップします。ずっと心に引っ掛かっていたこと、この本を見てかなり整理できました。

  心に引っ掛かっていたこととはすなわち、‎各種自己啓発書、ビジネス書の内容はごもっともなんだけど、こんな定石に沿った考え方で世の中渡っていけるの?という疑問です。一般に広く知れわたり陳腐化した内容ばかり、と思うからビジネス書に興味を失ったのかもしれません。
 ‎ この本、私の疑問がもっともなものであることを、「正解のコモディティ化」という言葉でストレートに示してくれました。上のフレーズの「正解」という言葉は私の感じた「定石」と同じ意味だと思います。
 ‎ コモディティ化に対抗する考え方をまた新たに切り開いていかないといけません。この本にはその考え方の一つが示されているなかなかの良書だと思います。


 

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

せいめいのはなし 3/3

  全体でみればお店は結構入れ替わっており、
新しいお店ができてもいますが、
  新しく入ってきたお店は、
それまでに成り立っているゴールデン街の
しきたりや文化を尊重するという態度で入ってくる。

    組織論や文化論に動的平衡の考え方を適用するととても面白そうです。

  標記の文は、新宿ゴールデン街の文化、動的平衡状態が維持されている様子を示す文です。同じことが築地市場や新宿歌舞伎町、心斎橋、山の手の住宅街や下町の住宅街などにも言えるのでしょうね。それぞれの土地柄を感じ取って(場合によっては強制されて)、その土地柄に合わせた店つくりや生活をする、その姿勢が、その土地ごとの「文化」を維持する。まさに「動的平衡」です。
また、日本、韓国、中国など隣どうしの国なのに文化がこうも違う(ように私には見える)のも、教育や家庭環境、常識、政治のありかた、などの全体の絵柄の中で個々人が行動し、ピースにはめ込まれていくため、と言えるでしょうか。

  土地柄とか、お国柄がなかなか変わらないところをみると、文化、つまり「動的平衡」の状態そのものを変えることはとても難しそうです。

  ビジネス書などでは、「変革」「構造改革」など、変えることの重要性をのべたものがかなり多いですが、「変える」の意味をどれだけ深追いしているのでしょう。会社の組織編成や、仕事を処理するしくみを変えても、社員の考え方など結局何も変わった気がしないなあ、と感じるケース多いのではないでしょうか。きっと平衡状態を維持しているポイントが別のところにあるんですね。トップの考えかただったり、会社組織と別に張り巡らされている人間関係だったりでしょうか? あるいは無意識に刷り込まされている会社の文化でしょうか?会社など組織にて、「変わる」を口にするときに、どのように変わるのか、何を変えようとしているのか、しっかりとビジョンを描く必要を感じます。
  小手先ではなく、「動的平衡」の在り方そのものを変えるのが本当に変えることになるのでしょうが、それはその系の「死」を招くかもしれません。そうでなくても一時的にかなり弱ってしまうでしょう。
  それを恐れずに「変える」のが本当の「変える」なのでしょう。そのときに、平衡状態がどうなるか、十分考える必要があります。小林一三の経営は非常に優れた例だと思います。阪急電鉄の敷設と周囲の住宅地の開拓、阪急百貨店の整備、箕面や宝塚の娯楽施設の整備など、電鉄がどのように地域の人たちの生活に影響を与えるかを意識して経営をしていたんだそうです。
  最近では、橋本氏の大阪都構想。動的平衡状態を変える一大改革案だったと思います。市民から否定されたのは、正面切って平衡状態を変えるぞ、と言うと多くの人は恐れをなすということでしょうか。
  一方、ビジネスにおいては人知れず構造改革が進んで行って気が付いた時には誰も止められない流れになっていたりします。
  docomoは最先端の国内通信の規格決定権を握ることで国内の電機メーカをコントロールしてきましたが、世界の携帯市場で力をつけたSamsungがキャリアとメーカの力関係など日本のスマホビジネスの構図を変えてしまいました。こんな時代を先読みできていれば、DocomoもZaurusやCrieとのコラボを積極的に進め、今頃AppleやSamsungのかわりにSharpやSonyがさらなる世界企業として君臨している、なんてこともあったかもしれません。
  たとえば私が属する半導体業界や電気機器業界では、かつて電機メーカの下請けとして軽く見てきたTSMCなどのFoundry、鴻海などのEMSが、いまや日本の電機メーカよりはるかに大きな存在感を示しています。
  Amazonや楽天などのネット通販が、リアル店舗のありかたを変えてしまったことは身近に感じられます。
  LinkedInは世界の就活をボーダーレスなものに変えていきつつありますし(日本だけが蚊帳の外、という感じがするのに危機感を感じたりもします)、Youtubeが個人のブランディングやプロモーションのあり方を変えていきます。
  こうした、社会の「動的平衡」の変化に対する感度を高めることこそ、時代を先取りする行動をとるためのポイントであるような気がします。


 

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
プロフィール

Katttt!

Author:Katttt!
ビジネス書の気に入ったフレーズをデスクトップに貼り付けて自己啓発に努めています。その内容をこのブログにてアップします。

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。