スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箕面豪雨後の箕面の山を歩いてみた

  【雑談】
8.26箕面豪雨後の箕面の山を歩いてみた

  8月26日に私が住んでいる箕面にも今まで見たこともないような大雨が降りました。国道171号線箕面牧落付近が冠水している様子や、某マンションに土砂が流れ込んだニュースは全国版ニュースでも放送されましたね。
  私が住む外院地区は、大きな川もなく氾濫の心配はないと思っていましたが、箕面国定公園の山あいにある調整池(ウツギ谷上池、ウツギ谷下池)と途中にある砂防ダムが重要な治水の役割を担っているらしい。そこから水があふれる、あるいは堤が崩れるような豪雨があったらとんでもない被害が出る、との情報も自治会の会合で聞いてびっくりしました。
  自分の生活にはまったく関係ない農業用の調整池だと思っていたが、防災にも重要な役割があるらしい。いろいろなことが自分の生活に関わっているんですね。

  美しい箕面の山々のふもと、というロケーションなので、健康増進、リフレッシュのために私は普段から頻繁に箕面の山へハイキングに出かけています。今回9月13日、箕面の豪雨のあと初めて山歩きに出かけ、豪雨の爪跡を観察してきました。
  今回出かけたのは、青松園住宅からウツギ谷に入り、勝尾寺南山の南を抜け谷山谷へ下りるコース。谷山谷の西、如意谷の途中にある才ケ原池にも寄りました。如意谷の西には有名な箕面の滝があります。

山歩きのルート

  さて、ウツギ谷。最初に目にしたのは小規模ながけ崩れ。山道を横切るように土砂が崩れ、下の谷に流れて行っていました。
ウツギ谷被害1
  少し歩いたところで、山道が崩れているところに出くわしました。横の沢に流れる水に土砂がえぐられたようです。すでに、危険を防ぐためのロープが張ってある。山を管理している人たちががんばっていることがわかります。
ウツギ谷被害2
  さすがに山の上のほうや尾根道は被害はほとんどなさそうです。南山の南側は平穏にハイキングできました。まあ、この程度ならたいしたことはないな、と思いながら。
  谷山谷を下り、途中から才ヶ原池に向かいました。才ヶ原に向かう道の横にも沢があり、大丈夫だろうかと気にしながら。
沢の岩の異様な青さが目にとまります。ふだんは土やコケに覆われ目立たない岩ですが、岩肌がきれいになり、本来の色があらわれたのですね。水の流れた跡が明瞭に残ってます。
  山道の途中で、沢に土砂を流され木が根こそぎ倒れているところもありました。ここも山道の経路を少し変えないといけません。
沢の流れ 才ヶ原池に至る
  谷山谷のところどころに沢を渡るための丸太の橋が渡してあったと記憶していますが、根こそぎ持っていかれてなくなっちゃってました。まあ小さな沢なので通行に特に支障はありません。これまでどおり散歩できます。たいした影響はないな、と思いながら最後谷山谷を下っていきました。ところが、
「道がない!!」
道がない
  横を流れる沢の水が、道があったところに流れ込んだらしい。道の土砂はすべて流され、下の大きな岩がむき出しに!ほとんど沢下りのような感じで道を下っていくことになりました。これはなかなかの被害だ。ここを通るのは難儀だな・・・ でもまあ後は車も通れる道だからこれで一段落・・・
  さて、50mほど下ると・・・
「えっ!!こんどは本当に道がない!!」
  なんと車道が崩落しています。
  注意しながら、5mくらい下を流れる沢に下る。そこから並行して横を走る車道を眺めてびっくり。DSC_0006.jpg 谷山谷1
  これはひどい。こんなのは初めて見ました。しっかりと作られているように見える車道がこんな風に崩れるなんて。どうやらこの道の上のほうから流れた水が車道の下の土砂をさらい、崩れ落ちたものと思われます。それにしても補修はどのようにすすむのだろう。どうせ100mほど先で行き止まりの道なのでほとんどの人には迷惑はかからない。補修がすすむのかどうか、市(県?)の対応にちょっと興味があります。
  いずれにせよ、当面谷山谷ルートは使えない。

  今回山歩きをして、いろいろな被害を見ました。住宅地ではないのでたいした問題はないと思いますが(山を管理している人、ごめんなさい)、こうやって被害を目の当たりにすると水害のこわさに慄きます。そして、住宅地の治水のありがたさが身に沁みます。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村  
スポンサーサイト

読書一覧ブログ by Freedomさん

読書一覧ブログ のご紹介
読書一覧ブログ

   今回はFreedomさんが運営されている「読書一覧ブログ」のご紹介です。

 ビジネス関連は、スピーチ・仕事術・能力開発・リーダーシップなど自分磨きのテーマから、投資、起業などの実務のテーマまで広く紹介されています。また、語学や医学、歴史、工学などビジネス以外の分野の本も紹介されています。
 一冊の本を、一つの記事に要領よくまとめることは結構難しいと思うのですが、Freedomさんは短くわかりやすくまとめられていて、読んだらだいたいポイントがわかった気になるうまい記事も少なくありません。本を読む時間の取れない方にはオススメのブログです。

 今回、Freedomさんから、ブログの相互紹介をしようというとてもありがたいご提案をいただき、こうして紹介記事を書いています。
 Freedomさんは、Facebookやメルマガなどのプロモーション活動や新しいブログの立ち上げなど、いろいろ活発に取り組みをされているそうで、私にとっては、こうした若い元気な人と知り合い、その活動を垣間見ることができるというのもブログの活動の醍醐味の一つです。
 Freedomさん、頑張ってくださいね。今後もよろしくお願いします。 

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

台湾から戻ってきました

2011/12/17

  台湾から戻ってきました。日本はすっかり寒くなりましたが、あちらはスーツがちょうど良い塩梅で、とても快適でした。北と南でわずか200km強の距離だと思うのですが、南へ行くとさらに暖かく、より熱帯に近い雰囲気になっていたのが面白かったです。やしの木なども多かったし。
  台湾高鐵(新幹線)に初めて乗りました。車両はほぼ日本の700系と同じ。座席の形、壁のデザイン、壁面のジャケット用フックの形、出入り口上のディスプレイなど内装はほぼすべて日本の車両と同じで、違うところと言えば、たぶんエアコンの送風口、スーツケース置き場があること、程度でしょうか。広告やディスプレイの言語が日本語だったらほとんどの人は日本の新幹線車両と勘違いしそうです。
  行く前に述べた、「の」を使った看板、今回は全く見ることがありませんでした。流行が廃れたのか、そもそもそういう場所に行っていないためかよくわかりません。
  韓国と比べると、日本企業の影がはるかに色濃いです。日本企業の建物や広告・お店も多いですし、デパートやスーパーにも日本の商品が数多く置いてあります。セブンイレブンやファミリーマートも以前よりはるかに増えていました。そういうところを見てあらためて、日本との関係が強い国だなあとつくづく思いました。
 

台湾に行ってきます

2011/12/12
  またまた出張なので今週末までブログお休みです。
  これまでは、台湾といっても北のほう、桃園空港付近だけだったのですが、今回初めてもう少し南の方まで足を伸ばします。どんなところか楽しみです。
  台湾の人たちは、「哈日族」という言葉があるくらい、比較的日本人に好意的で、日本人にとっては親しみの持てるところです。どうでもいいことですが、看板に"の"の字が中国語の"的"的な使い方で使われていることもあり、とても面白いです。
  台湾と言えば今やコンピュータ、半導体の一大拠点となっており、新竹はじめ大きな工業団地も数多くあります。日本には中小企業の集まった工業団地はいっぱいありますが、台湾のように大きな企業が集まっている工業団地ってあまりないように思います。政策的に大きな工業団地に強力に企業を誘致しているのでしょうか。税制優遇ECFAなどいろいろな施策を打ち出してもいますし、台湾も韓国と同じく政治家の指導力が強いように思います。
  台湾のビジネスパーソンは、とても勉強しているし、根が中国人だからか、ややこしい政治環境の中にあるからか、したたかという感じがします。また、台湾の半導体ビジネスがそもそも国際分業体制の一角を担ってますので、平均して日本のビジネスマンよりはるかに国際感覚を持ってますね。韓国にしても台湾にしても、私の知る範囲ではみんな「がんばっている」感が強いです。日本人もガンバレ!
 

無理がきかない歳になりました

2011/11/24
  昨晩韓国から帰ってきました。風邪をひいて微熱があったので、あらかじめ医者にいって薬を大量にもらいました。万が一、空港にて発熱のため検疫通過できず、留め置かれたら、仕事になりません。薬で風邪を抑えておけば数日は問題なく乗り越えられるだろうと甘い見通しを持っていました。
  昔ならば問題なかったはずなのに、今回医者の言いつけどおり薬を飲んだら、体はだるいわ、眠いわ、気分は悪いわ下痢はするわ、とてもしんどい思いをしました。薬がよく効くのは良いのですが、副作用がきつすぎてただの風邪より始末が悪くなってしまいました。
  とりあえず何とか仕事はこなしましたが、最悪の出張。自分はもう若くないんだと思い知らされた旅でした。

  旅行中はなかなかめずらしいものをいろいろ食べさせていただきました。中でも、チョンジュ(全州)のローカルなお酒、モジュ。マッコリに漢方薬かなにか混ぜているような茶色のお酒。甘口のなかなかめずらしい味わいのお酒でした。自分が知らない面白い食事、習慣などに接することができるのが、公私に関わらず海外旅行の大きな楽しみです。
 
プロフィール

Katttt!

Author:Katttt!
ビジネス書の気に入ったフレーズをデスクトップに貼り付けて自己啓発に努めています。その内容をこのブログにてアップします。

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。