スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fast and Slow 8 - 価値関数 -

価値関数
価値関数

  上の図は、原論文からコピーさせてもらいました。
http://www.princeton.edu/~kahneman/docs/Publications/prospect_theory.pdf
  横軸は、実際の損得の数字、つまりもらうお金であったり失うお金であったり。縦軸はそれに対する価値、ありがたみ、あるいは痛みなど心に感じる大きさです。
  これは、人間の価値の感じ方を表す重要な関数です。カーネマン氏のノーベル賞受賞の根幹となる、「プロスペクト理論」です。この本の下巻のハイライトの一つです。
  結果の価値を支配する3つの特徴があります。
①評価は中立の参照点に対して行われる
②感応度逓減性
③損失回避性
  ①は、評価の基準がどこにあるか、ということを述べたものです。感じる価値の基準は相対的なものだということですね。ここでいう、「参照点」がどこにあるかを知ることが大切なんですが、自分が今もっている財産、期待する実利の大きさ、当然受け取ると感じている報酬、同僚のもらったボーナスだったりします。いったん報酬を受け取ると、その前とくらべて参照点がかわったりもするので、とても複雑です。
  ②は、つまり額が増えると感度が鈍るということですね。1万円が2万円に増えるありがたみと、10万円が11万円に増えるありがたみと、どちらが大きいでしょう、という話です。
  ③は、人は損失により敏感に反応するというものです。損をする可能性と得をする可能性を両方持つ賭けをする場合、全体の期待値が若干プラスであってもその賭けを避ける傾向になるということ。宝くじの盛況、保険の仕組みも同様の心理的傾向を利用しているということです。

  こういう意思決定のバイアスがあるというのは、うすうす感じとれることですが、この本のごとく明快に解説されると、人間ってやっぱり合理的にはなりきれない存在だな~ってあらためて感じます。いかにも論理的、合理的に行動してます、って顔してる賢そうな人たちも大勢いますが、実際にはどうですかね~~。
  また、自分の心の奥の「システム1」の性質を知っておくと、「システム2」の働きかけで、必要に応じてある程度は意識的に自分自身をコントロールすることもできそうですね。
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

先延ばし防止ノウハウ

先延ばし防止ノウハウ
進歩の記録
仲間
脳内コンストラスティング
課題着手、失敗想定
回避目標ではなく接近目標
ゲーム感覚
自分へのご褒美
小さなSMART
習慣化

●進歩の記録:
 何か進んでいるという感覚を見える化する大切さはよくわかります。たとえば体重変化をグラフにするだけで体重が減る、というのはよく言われることですし、私自身体験しました。
●仲間:
 これもよくわかります。何年か前から、あることをしようと画策していますが、一人だと気持ちが萎えてちっとも前進しませんでした。最近仲間ができまして、ふたたび前進しだしたのを肌で感じます。
●脳内コンストラスティング:
 理想の自分の状態をイメージし、そして現在の自分をイメージする。その差を明確に認識する事で行動開始のトリガーにできる、ということだそうです。理想の自分をイメージする、「イメージトレーニング」という方法はアスリートなどがよく使っているとして広く知られるようになってますが、併せて現在の自分をイメージすることも重要だそうです。
●課題着手、失敗想定:
 「ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか 2/3」で書いたように、いちばん重要なのは、うまく課題をこなすことではなくて、課題に着手するということ。失敗を怖れて取り組み開始をためらうことがあってはいけない。例えば、禁煙にいつも失敗している人ならば、禁煙できたかできなかったかで判断するのではなく、禁煙に失敗したとしても、どれだけの期間禁煙できたか、その長さを計測し、期間を伸ばすことをめざす。これが、失敗を織り込むということ。一回失敗したからといって、気持ちが萎えて2度とやらないなんて気にならないようにすることが大事だそうです。なるほど。
●回避目標ではなく接近目標:
 何をやめたいか、ではなく、なにを実現したいか、という形の目標にしなさいということ。これもよく言われますね。「人生を変える「心のブレーキ」の外し方」も同じことを言っています。
●ゲーム感覚と目的意識:
 これは前から思っていることです。「ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか 1/3」にも書きましたが、うまくゲーム感覚で取り組める課題を設定できたら、俄然やる気がでてきます。問題は、どうやってうまく課題を設定するか、これが結構難しい。「ゲーム感覚の課題設定ができる能力」を鍛えるスキルが必要です。
●自分へのご褒美:
 これもよく言われることですね。私はあまりそういうやり方をしたことがないので、どの程度効果があるかよくわかりません。どれくらいのご褒美を準備すればいいのかも。
●小さなsmart:「TQ-心の安らぎを得る究極のタイムマネジメント」にも書いた、「SMARTな目標設定」です。それを小さい単位でやればいいよ、という教え。
●習慣化:
 これもたびたび書いてきたこと。「「思考の生活習慣病」克服法」「TQ-心の安らぎを得る究極のタイムマネジメント」などですね。
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

メリットの法則 1/3

4つの行動原理
好子嫌子

  人がどんな行動をとるか、行動分析学という分野の学問の成果に基づいて解説されている本です。人間って、これほど単純な生き物なのか、とあきれてしまうほど簡単な法則にまとめられています。
  法則をまとめたもののひとつが冒頭の表です。「好子」「嫌子」とは、いかにも学会風のセンスのない言葉ですが(笑)、要するに、「いいことが起こるように行動する」「嫌なことが起こる行動はしなくなる」「いいことが消える行動はしなくなる」「嫌なことが消えるように行動する」ということを言っているだけです。ポイントは、「好子」「嫌子」は直後(およそ60秒以内できるだけ早く)に現れないと効果かないということ。人間ってなんと短絡的な生き物か。
  一切れ食べたらその直後に2kgづつ体重が増える「鬼のようなショートケーキ」があったらダイエットを考えている人は絶対たべない。それほど「行動の直後」というのが大切である、と述べられていますが、さもありなん、と思えるたとえ話です。裏返せば、ケーキを食べても太るのはずっとあとだから、ケーキ好きの人は、「食べた直後の『おいしい~シアワセ~』」が勝ってしまって、ケーキを食べるのをやめられないと言うことです。


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

人生の管理者に不可欠な5つのポイント

人生の管理者に不可欠な5つのポイント
 ①「人生の法則」を一つ残らず受入れ、認め、自分自身に当てはめる
 ②我慢するのではなく、解決することに力を注ぐ
 ③答えのない質問に用心する
 ④わだかまりを残さないようにする
 ⑤約束を守る

  「人生の管理者」とは、あなたの人生を管理するひとつ上の視点のもうひとりの「あなた」。一歩下がって自分の行動を評価する際に必要な客観的な視点のことです。自分の人生の「メタ認知」そのものですね。この、「人生の管理者」としてのあなたがチェックするポイントがこの5つと言うことです。
①はそもそもこの本を何度も何度も読み返して本当に理解しなければいけないですね。
②動かなければなにも変わらないとは、この本でもこのブログでも述べています。
  カエルを食べてしまえ1/3
  脳に悪い7つの習慣1/3
重要ですね。
③これも本ブログでたびたび取り上げています
 人生を変える「心のブレーキ」の外し方 1/5
 人を動かす質問力 4/4
④あるときに人間関係が炎上するのは、それまでの小さなわだかまりが積もり積もった結果であるということです。だから、ちいさなわだかまりに気をつけること、それが主旨です。
⑤これは言うまでもないこと、特に、自分に対するうそは気をつけなければならないと思います。


7shuukan.jpg にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

7つの習慣

7つの習慣
 ①主体性を発揮する
 ②目的を持って始める
 ③重要事項を優先する
 ④WIN-WINを考える
 ⑤理解してから理解される
 ⑥相乗効果を発揮する
 ⑦刃を研ぐ

  さて、次はベストセラー「7つの習慣」の紹介です。この「7つの習慣」と「最強組織の法則」は、私が最も感銘を受けたビジネス・自己啓発本です。
  とても多くの本が、「7つの習慣」の内容とほぼ同じこと、あるいは関係の深いことを主張しています。この本を参照しているのか、独自に同じような結論に至ったのかはわかりませんが、それだけ、この本がポイントを押さえているということなのでしょう。ここでは特に解説せず、これまでに紹介した記事のうち関係の深い記事を列挙してみます。

①主体性を発揮する
夢をかなえるゾウ 1/5 TQ-心の安らぎを得る究極のタイムマネジメント 6/7 禅 あたまの整理 1/5 成功本はムチャを言う 1/3 終わらす技術 2/2 最強組織の法則 3/15
②目的を持って始める
残念な人の思考法 1/5 ビジネスマンのための発見力養成講座 3/3 脳が冴える15の習慣 4/5 イシューからはじめよ 1/2 「ムダな時間」の充電力、「バカな時間」の開放力 1/2
③重要事項を優先する
カエルを食べてしまえ 2/3 段取り力 1/5 TQ-心の安らぎを得る究極のタイムマネジメント 6/7 労力のレバレッジ③
④WIN-WINを考える
交渉力入門 1/3 なぜあの人には「味方」が多いのか 1/4
⑤理解してから理解される
なぜあの人には「味方」が多いのか 1/4 実践EQ 人と組織を活かす鉄則 1/4 実践EQ 人と組織を活かす鉄則 3/4 とんび 3/3  なぜ社員はやる気をなくしているのか 2/4 その言い方では人はついてこない 7/7 組織を脅かすあやしい常識 4/7 しがらみを科学する 2/3
⑥相乗効果を発揮する
あなたのチームは機能してますか? 2/2 なぜ社員はやる気をなくしているのか 1/4 わかったつもり 1/3 最強組織の法則 14/15
⑦刃を研ぐ
時間のレバレッジ③

7shuukan.jpg にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
プロフィール

Katttt!

Author:Katttt!
ビジネス書の気に入ったフレーズをデスクトップに貼り付けて自己啓発に努めています。その内容をこのブログにてアップします。

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。