スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

複雑で単純な世界 2/3

 菌類のような生物学的ネットワークは、
資源を集中的に管理する仕組みもないのに、
養分供給の経路を変更することができる

  「これが解明できれば、ウォルマートなどの大手スーパーが品薄の各店舗への商品供給を監視する必要もなく、なりゆきにまかせておけばうまくいく仕組みが出来上がることになる。」とかかれています。すごいことですよね。流通革命がおきます。

  もしもこういう複雑系の制御がうまくできるようになったら、社会の様々な分野で将来この技術が展開される様子がイメージできます。電力を最適配分するスマートグリッドなんてこのシステムの実現に一番近いポジションにいるんじゃなかろうか。CO2の排出権取引もコントロールの要素が入ってきてレベルアップするかな。
  インターネットがすべてのモノに接続される時代、IoT/M2Mの世の中では、情報という資源が勝手にオーガナイズされるしくみがどんどん発達していきそうな気がします。
  人のネットワークに適用されたらどうなるか。中国のような社会主義国で、あるいは他の国でも知らず知らず国民のコントロールに使われるようになったら怖い。ある意味、マスメディアがもうすでに前の記事に書いた「調整因子」として国民のコントロールに寄与しているような気がしないでもない。

  どんどん複雑になっていく社会、このような分散コントロールのしくみは増えていかざるを得ない気がします。そのしくみが自動化され、複雑になり、そのうちにだれもそれを制御できなくなって・・・
   

 

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

Katttt!

Author:Katttt!
ビジネス書の気に入ったフレーズをデスクトップに貼り付けて自己啓発に努めています。その内容をこのブログにてアップします。

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。