スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

複雑で単純な世界 3/3

 活気ある都市では
相手を変えて付き合いを重ねて行くほうがよい。
田舎ではあまり頻繁に異性と付き合わないほうがよい。

  このフレーズは、出会いの機会(資源)が多い環境下では、頻繁に相手を変える(つながりが多い)ほうが、全体として多くのカップルが生まれ、逆に出会いの機会(資源)が少ない場合には、頻繁に相手とつき合わない(つながりが少ない)ほうが全体としてカップルのできる可能性が高まる、という複雑系の理論の話をしています。
  今の都会と田舎の状況を反映しているようで面白い理論です。人間は自ずと最適に近い行動を取るようになるということか?。
  交通渋滞、市場の価格変動、感染症の流行、武力衝突、など、資源をめぐる争いをする場合には、どれも同じ考え方が当てはめられる、ということです。資源が豊かな場合では構成要素がつながったほうがいい。資源が少ない場合には、つながりが多いと逆に効率が落ちるらしい。
  さて、この理論、未来の社会科学にどうかかわりを持つようになるのか。興味深いところです。
 

 

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

Katttt!

Author:Katttt!
ビジネス書の気に入ったフレーズをデスクトップに貼り付けて自己啓発に努めています。その内容をこのブログにてアップします。

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。