スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

競争の科学 7/9

  プロは、自分が不安を感じていると自覚している。
だがそれでもまだ、
  「状況をコントロールできる」
  「良いパフォーマンスをする準備ができている」
  「目標を達成できる」と信じている。
ストレスはあるが、それによって脅かされてはいない。

   先の「脅威的状況」「挑戦的状況」は、未熟者の捉え方で、プロはプレッシャーを楽しんでいるよ、と言っています。特にディフェンディングチャンピオンは、「脅威的状況」などと怖れていてはチャンピオンにとどまってはいられませんものね。
  不安が人にどんな影響を与えるか、について考察したのがこの章です。
  「人間の脳は、実際には起きていないことや、おそらくは実現しないだろうことを考えるのにかなりの時間を費やす。脳はそれを『実際の出来事とほぼ同じもの』として認識するために、現実の出来事に対してと同じようにこれらに熱心に思いを巡らせる。現実から逸脱した思考は逃れにくく脅迫的である」と悩みを生じさせるもととされています。これは良くわかりますね。あのときああすればよかった、などという後悔の念が浮かぶのはしょっちゅうです。それがパフォーマンスを低下させるもとになるのもわかります。そしてそれを抑えるために、仏教で「平常心」などの教えがあるのもこのことの重大性を示しています。
  この本では考察をもう一歩進めています。
不安レベルとパフォーマンスの関係を示すIZOF理論(Individual Zone of Optimal Functioning)というのがあり、良いパフォーマンスと不安レベルは個人によって異なることが示されているそうです。そして、不安・ストレスの多さと悩みの大きさとは別だとしています。つまり、不安があっても、本人にとって適切なレベルで、いろいろ思い悩むことなく状況をコントロールできているという捉え方ができていれば、最高のパフォーマンスを産み出すことが可能である、という結論です。

  「考えない練習 1/3」の世界「己の感情を見つめて、それをそのまま受け入れる。第三者の視点で切り離したうえで、肯定も否定もせず受け入れる」を思い出しました。ストレスを受け入れ、悩みを消し去り、最高のパフォーマンスを得るためのすばらしい教えだと改めて思いました。


 

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

Katttt!

Author:Katttt!
ビジネス書の気に入ったフレーズをデスクトップに貼り付けて自己啓発に努めています。その内容をこのブログにてアップします。

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。