スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

99.996%はスルー

  入力される感覚の情報量は毎秒千数百万ビットであり、
意識が処理している情報量は、なんと毎秒たった数十ビットなのである。

  ここで言っている「意識」は「顕在意識」のことですが、それが取り扱う情報量が数十ビット毎秒!入力の百万分の一!。どこまで正しい数字かわかりませんが、こうやって具体的に数字で示されると、さすがにショックです。人間って五感の入力を概ねすべて捉え、理解しているようで全然そんなことはなさそうです。
  だから、ヒューリスティックス、つまり経験則を用いて、正しい保証はないものの正解に近い答えを得る、ということをやるわけです。
  『意識の評価に重要なのは、スポットライトの「当て方」なのだ。そもそも情報量には、「意味」は含まれていない。』と書かれています。「認知バイアス」ですね。仮説に採用する経験に偏りがあったり、認識や興味が違うところにあると、判断がそれにひきずられてしまいます。
  会話においても、話し手が伝えたいある点を強調したとしても、聞き手の頭のなかにある興味が別の部分にあったりすると、肝心な部分はスルーして別の点が頭に残ります。例えば上司に叱られているとき。上司は問題点は共有しているものとして、それがいかに周りの迷惑か、会社に損害を与えたのか、滔々と説教するのでしょう。でも部下が、もし問題点の認識に誤解があるのだろうと思っていれば、上司の誤解の原因を探ることに意識が集中し、どうやって誤解を解こうか、など別のことを考えているに違いありません。いかに上司が立派な説教をしようとも、そのポイントが素直にとらえられる事などまずないでしょう。
  意識レベルで話し手の送る情報をもっと受け取れるなら、上司の話を聞いて、どの点が自分の認識とずれているのかを分析したり、上司がどのような価値観を持っているのか、あるいは自分をどのような人間と観ているのかを推し量ったり、「他山の石」として今後の行動の参考にしたり、などすべて公平に受け取って自分の糧とできるはずです。でも実際には、認識のずれは両者ずれたままで放置され、上司あるいは部下の性格や価値観は互いに誤解されたままになり、上司の説教が部下にとっての教訓に活かされることもありません。
  この本にも、『僕らの無意識は、文字や単語に注目して文を眺めると、意識の中に文の意味を思い浮かべてしまう』と書かれています。つまり、無意識はそれぞれの単語から「想起される意味(スキーマ)」や、「想い描く文脈(コンテキスト)」を勝手に造りだし、その上にたって意識が解釈をすすめます。「わかったつもり」で書いたことと全く同じです。
  意識の上で取り扱える情報がたった数十ビット毎秒だからこのようなやりかたをするのでしょうね。わずかな情報処理量を最大限にいかし、よりよい行動をするために、自分自身の「スヒューリスティックスキーマ」をより広げること、そして、相手の話や世の中の出来事からより正しい情報を受け取るために、注意深く情報を受け取り文脈の理解の幅を意識的に広げておくことがとても大切だと改めて認識しました。

  ここからは与太話ですが、冒頭の文を考えると、顕在意識が取り扱える情報量が人類の数百倍、数万倍もある高等生物がいてもおかしくないなと思いました。ヒューリスティックスの精度は格段に高いでしょう。こんな生物には判断の合理性の面で人類はとても太刀打ちできないように思います。でも、人類の進化の方向性とベクトルは同じなので、コミュニケーションは成立するでしょう。一方で、この生物にとっての「悩み」ってどんなものだろうか、とも思います。日常生活の悩み、思惟上の悩みなど、世の中は矛盾がつきものだと思うので、深い洞察ができる分悩みもより深くなるような気がします。悩みをかかえ続けるような進化の方向は、あるべき方向といえるんだろうか。「顕在意識」の進化は袋小路なんではなかろうか。   私は、「顕在意識」って高等生物の絶対条件ではないかもしれないと思っています。顕在意識は、行動に意味を与え、それに付随して、因果関係を推定して未来の自分の行動を正しい(と考える)方向に持っていく機能を持っています。顕在意識なくして、哲学、数字や科学などの学問が成立すると想像するのは困難です。
  でも、「潜在意識」が行動を起こし、顕在意識が「後で」その行動の理由付けをするなんて話も定説となったようですし、そういう現実を知ってしまうと「合理的判断」なんてのも怪しくなります。人間以外の動物は顕在意識など(たぶん)なくても結構うまくやっています。
  SFでは顕在意識のない醜悪な「ゾンビ」がテーマとしてたまに取り上げられ、顕在意識なしに文明社会は成立しないような気になってますが、宇宙は「顕在意識」以外にも因果関係を正しく把握するための方法を用意しているんではないかと思ったりもします。「顕在意識」なしで行動に意味が与えられ、「顕在意識」なしで学問を発達させている存在。たとえばソラリスの陽のもとに の知性のような存在は、少なくとも私には顕在意識が感じられませんが人間を超える知性を感じます。そんな存在の頭の中はどんなだろうか。人類とは永久に分かり合えない存在のような気がします。

 

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

Katttt!

Author:Katttt!
ビジネス書の気に入ったフレーズをデスクトップに貼り付けて自己啓発に努めています。その内容をこのブログにてアップします。

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。