スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fast and slow 2

「自分がどんな気分のときも、常に優しく親切にしなさい」
  という忠告は、まことに当を得ていると言えるだろう。
優しく親切に行動することで、
  あなたは実際に優しく親切な気持ちになる。

  プライミング(先行刺激)効果というそうです。
  例えば、論説を聴くのに音質チェックと称して頭を上下に動かしながら聴いてもらったグループ、左右に動かしてもらったグループ両者を比較すると、前者は論説に賛成し、後者は反対するという傾向がはっきり現れるとのこと。
  また、お金という観念が個人主義のプライムになる。つまり、他人に依存したり、他人の要求を受け入れるのを嫌がる傾向になるらしいです。

  そんなはずない、と思ってしまうような話ですが、 「あなたの自覚的な経験は概ねシステム2の目からみたストーリーで構成されている。一方、プライミング現象がおきるのはシステム1の中であり、あなたはそこに意識的にアクセスすることはできない。」とのこと。
  感情とか、無意識の行動が先にあって、人はあとからそれを理由付けしているにすぎない、という主張はこの本の中にもあちこち書かれていますし、巷でそういう議論を耳にすることも増えてきました。「相手を好きになるからドキドキする、のではなく、ドキドキ体験を共有するから相手を好きになる」なんて話もありますしね。自分の「意識(システム2)」の客観性にだんだん自信が持てなくなってきます。
  多くの実証実験がプライミング効果の威力を示しているならば、それを有効に利用するすべを探すべきだな、と思いました。

 

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Katttt!

Author:Katttt!
ビジネス書の気に入ったフレーズをデスクトップに貼り付けて自己啓発に努めています。その内容をこのブログにてアップします。

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。