スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつまでも考える、ひたすら考える 4/4

  自分が人間として大切にされていると感じることができていないから、
自分以外の人間を大切にすることができない。

  本文では、親としての子供への接し方についてのコメントにとどまらず、企業の管理職への接し方についても言及されています。曰く、
「父親であるところの大手企業の管理職氏もまた、企業の中で守られていないことを自覚しているからこそ、家族を捨ててまで会社の仕事にしがみついていることしかできないのだろう。自分が人間として大切にされていると感じることができていないから、自分以外の人間を大切にすることができない。悪循環とはこのことだ。」

  ちょっと奇抜な発想だったので印象に残りました。もしこれが本当なら、簡単に首を切ったり、転職する欧米などの企業に勤める人たちの多くは「自分以外の人間を大切にすることができない」人間ということになります。あるいは、他国の人たちは会社とは別に自分を大切にしてくれるコミュニティを持っているのかもしれません。

  いずれにしても、自分が大切にされる→自分以外の人間を大切にする、という因果関係の構図はあるように思います。児童心理学の分野でも「褒めて伸ばすことが大切」「愛情をそそぐことが大切」とか、「虐待する親自身被虐待児だったケースが多い」とはよく言われていることですよね。自分を大切にしてくれる場所を確保することは私が思っているより大切なことかもしれません。
 

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Katttt!

Author:Katttt!
ビジネス書の気に入ったフレーズをデスクトップに貼り付けて自己啓発に努めています。その内容をこのブログにてアップします。

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。