スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【天邪鬼標語録】残念な人の思考法 5/5

  【天邪鬼標語録】
人を尊敬して、それが自分に返ってくる

<<<天邪鬼標語録 口上>>>

-----元の標語-----
・本当にワシのためにがんばってもらわないといけない。
だからワシも本当にそいつのためにがんばろうと思って
仕事をお願いするんだよ
------------------
  この元の言葉は当初から違和感があった。この時の自分のコメントのそっけなさがそれを物語っている。
  ワシのために、が先にあって、そいつに動いてもらうためにワシが動く、が後。これはおかしい。なんて傲慢な考え方なんだ。
  周りや社会をよりよくする、活動を通じて回りを幸せにする、という想いが先に立っていなければ、本当にがんばろうと思ってくれるフォロアーなんて出てくるはずはない。「ワシのためにがんばってもらう」と「ワシがそいつのためにがんばる」の順序はとても大切。後者が先に来るのは「自利利他」。「ワシ」がそいつのためにがんばることが、ワシにはねかえってくる。
  前者が先に立つと、「我利我利」のにおいがプンプンする。ワシの利益のためにそいつを動かすという思いが底辺にある。これこそ、「残念な人の思考法」。こんな考えの人について行こうとは自分は思わない。

  冒頭に掲げた言葉、「のだめカンタービレ」で千秋がマエストロシュトレーゼマンから学んだ最初の教訓。「がんばること」ではなく「尊敬」に対するスタンスだが、本質は同じことだと思う。他人はどうあるべきか、ではなく、まず自分が他人をどう扱うのか、そこが出発点だと言っている。
  「7つの習慣」にも、近い言葉がある。すなわち、「理解してから理解される」



にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村  

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Katttt!

Author:Katttt!
ビジネス書の気に入ったフレーズをデスクトップに貼り付けて自己啓発に努めています。その内容をこのブログにてアップします。

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。