スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

複雑で単純な世界 1/3

  系の挙動に大きな変化をもたらすには、
何とかして構成要素のすべてを知り尽くす
必要があるように思えてしまうかもしれない。
  だが、複雑系を制御するには必ずしもそのような
極端な手法を取る必要はなく、
「調整」をいくつか構成要素に施してやれば十分な場合が多い。

  この本、複雑系の研究を実際の社会などに適用して、現象を理解できる、さらにはコントロールできる可能性について述べた本です。レベルはまだまだですが、未来の人間社会にとってとても重要な分野になるのではないか、そんな予感を抱きながら読みました。
  古典的な制御理論では、物事の制御のためには全てのパラメータを定量的に正確に把握する事が必要です。しかし、複雑系ではそんなことは必要ないよ、と言ってます。新たな「調整因子」を注入してやればいい、と。
  本の中では、ロボットの分散制御が例に挙げられています。つまり、「ナノロボットの集団の行動を修正するのに、プログラムしなおすのではなく、新たなエージェントを投入する。」ということです。
  我々の体の中でも、数々の酵素が働いていますが、いかにもこの理論が応用されているようにみえます。今後の複雑系の理論の発展に期待!
   

 

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Katttt!

Author:Katttt!
ビジネス書の気に入ったフレーズをデスクトップに貼り付けて自己啓発に努めています。その内容をこのブログにてアップします。

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。