スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

U理論入門 2/5

 心理学における成長とは、自分の中に他人の目玉が増えることだ。

  U理論では、4つの「意識の領域構造」あるいは「ソーシャルフィールド」(私は「視点」「視座」と勝手に単純に解釈していますが)を通過する7つのステップからなるとしています。「ダウンローディング」「センシング」「プレゼンシング」「クリスタライジング」「プロトタイピング」「パフォーミング」です。詳しくは本を読んでいただくとして、「ダウンローディング」(自己視点)から「センシング」(相手視点)に至るポイントを表記の言葉で表しています。
  よく「相手の立場にたって考えよ」なんて言いますが、「センシング」への移行にはもう少し難しいハードルがあるようです。すなわち、「VOJを排除せよ」。
  VOJ:voice of judgement 内から湧いてくる、相手の行動に対する評価、判断の声。自分の思考の中で、相手の行動の意味を解釈するということなんですね。
  「あなたの言うことは解っている」というときはたいてい解ってない。VOJがビンビンに働いているのですね。相手の立場・行動を自分視点で判定している。これでは「ダウンローディング」です。

  禅語には「あるがまま」を推奨する言葉、VOJを排除せよという教えがあふれています。たとえば「悟無好嫌」。好悪の判断を下すのは、私達の中に潜む「我」が原因。 自分の居る世界が狭い、と言う事に気づきなさい、ということです。あるいは、「放下着」「直心」。あらゆる物事、考え方にしがみつこうとする執着心を捨てて、まっすぐな心になりなさい、ということ。

  「センシング」の境地に自由に行き来するには、「禅」の修行が必要なような・・・。
 

 

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Katttt!

Author:Katttt!
ビジネス書の気に入ったフレーズをデスクトップに貼り付けて自己啓発に努めています。その内容をこのブログにてアップします。

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。