スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資本主義の終焉と歴史の危機 2/2

   定常状態の維持を実現できるアドバンテージを持っているのが、
世界でもっとも早くゼロ金利、ゼロ成長、ゼロインフレに突入した日本です。

   著者は、「定常状態」=ゼロ成長社会を目指すべきだとしています。つまり、減価償却の範囲内だけの投資をする社会、買い換え需要だけが経済の循環を作っていく社会です。

   人の闘争心を煽り、自由競争を進めることで社会の進歩が促されるメリットは間違いなくあります。しかし、世界がフラットになり、フロンティアがなくなりつつある現在、競争はデリバティブや先物取引など人工的に作り出された電子・金融空間で行われ、過剰設備投資を引き起こし、実物投資空間での富の移転に影響を与え、そして新しい形の「周辺」、つまり搾取されるものを作り出しています。
   資源が限られている中、新自由主義は資源の価格高騰を引き起こし、さらなる格差拡大を引き起こす、としています。
   新自由主義のもとでこれ以上市場拡大を続け、資源の無駄遣いを加速させると、近い将来(20年後)世界は破局的な結末を迎える、と警告しています。
 
   成長はどこかで終焉を迎えるもの、永遠に成長することはあり得ません。私は、ジャレド・ダイヤモンドの「文明崩壊」を読んで恐れおののきました。特にイースター島の崩壊の姿を現代文明に重ねて想像してしまいました。本当の「サスティナブル社会」を実現しなければ破局的な結末が待っているのではないかと本気で心配しています。

   競争を継続し、ハードランディングするような事態を起こしてはならない、資本主義は静かに死んでもらわないといけない。今のうちに対策を講じなければならない、その役割を担える一番いいポジションにいるのが日本だ、というのがこの本の結論です。

   この結論の主張のとおり、ソフトランディングできたとしても、我々はその後どうすべきでしょうか。資源に限りがあることには変わりません。著者も、残念ながらまだ見えない、と述べています。強引にでもそれを書いてほしかったんですけどね(笑)。
   結局は、リソースを徹底的に管理しないと人類は生き残っていけないでしょう。いやでもいつかはゼロ(あるいはマイナス)成長時代がやってきます。その方法は、残念ながら著者が描いてくれなかった「資本主義の先にあるシステム」の中にあります。おそらくはかなりの貧富の差を引き起こすであろう、排出権取引(キャップアンドトレード)のような新自由主義的手法を駆使するのか、サスティナブルかつ貧富の差のない世界を理想として、共産主義的な直接的管理の方向に向かうのか、あるいは第3の手法が出てくるのか。いずれにしても日本をはじめ各国政府には将来を見据えた政策を進めてほしいものです。



 

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Katttt!

Author:Katttt!
ビジネス書の気に入ったフレーズをデスクトップに貼り付けて自己啓発に努めています。その内容をこのブログにてアップします。

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。