スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

競争の科学 9/9

  メンバーの役割を明確にし、
だれが何をするのかをはっきりさせることは、
チームワークの質を高めるための最も証明された方法の一つである。
  チームメンバーは誰もが平等で、
役割も替えがきくものであるべきだという
平等主義的な発想は間違っている

  へえ~ここまで明確に断言できるものだとは知りませんでした。欧米式の考え方のような気がしますが、出典についてもっと調べたいと思います。役割明確化の問題点は、MECEつまり「もれなくダブリなく」を実現しなければならないこと。ルーチンワーク的な変化の少ない仕事はともかく、開発のような変化の多い臨機応変の対応を要求される仕事では漏れやダブリがしょっちゅうです。私はいつも、「責任範囲は明確に、でも行動は責任範囲よりずっと広く」と言っています。役割分担の漏れは大きな問題に繋がり、気づいているのに動かない、という姿勢は非常にまずいと思うからです。
   一方、責任を明確にしないと組織が成り立ちません。責任不明瞭な組織はまずいですよね。日本の組織でたびたび指摘される「たらい回し」なんてまさにその弊害です。
  まあ、多分冒頭の言葉の意味は、私が感じたような厳密な意味での「役割明確化」ではないでしょう。「平等主義的な発想」は、誰もが互いの役割を交換できるべき、という考え方で、対極は、互いの役割は交換できなくていいという考え方ですね。なので、ならば責任をどう割り付けるか、に焦点を当てることになります。「チームの運命の60%は、メンバーが初会合する前に定められ、30%はチームの立ち上げ時に決まる」という結論を導き出した実験が紹介されていますが、「最初のミーティング時に責任とタスクをどのように割り当てるか」が30%の成否を決めるポイントの1つとしています。それぞれのメンバーの能力をお互いに知り、それぞれが能力に合わせた役割を担うことが大切であるということです。なるほど。
  「能力」というのは肩書や所属ではなく、専門知識や専門分野だ、というのがポイントです。

 

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Katttt!

Author:Katttt!
ビジネス書の気に入ったフレーズをデスクトップに貼り付けて自己啓発に努めています。その内容をこのブログにてアップします。

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。