スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

せいめいのはなし 1/3

  変わることが変わらない方法だ

   福岡伸一さんの「動的平衡」をテーマとした座談会の記録です。「動的平衡」の考え方、私はとても気に入っています。

 常に新しいピースに交換されているけれども、そのピースとピースの関係性が保たれているから全体がつながっている、だからこそ全体の絵柄がそれほど大きく変わらないでいられる。これが動的平衡の考え方だと解説されています。

 生命を形成する分子は、どんどん入れ替わっており、1か月後の自分の分子はもはやほとんど散逸しているのに、一か月後も(たいていの場合)ちゃんと「自分」は存在するのはなぜか。それは、分子同士の「関係性」がある秩序を保ち続けているから、ということですね。
何かの構造を全く壊れないように頑丈に作ることはとても難しい。製品開発の仕事をやっていると、壊れないように物を作る難しさにいつも頭を悩まされます。問題の90%は信頼性だと言っても過言ではありません。工業製品はせいぜい10年強の寿命。100年、1000年の寿命を持つ生命体の凄さにいつも感心させられます。これは、壊れたら作り替える、というかむしろ積極的に壊しては作り替える、という作業をしているからなんですね。

 

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Katttt!

Author:Katttt!
ビジネス書の気に入ったフレーズをデスクトップに貼り付けて自己啓発に努めています。その内容をこのブログにてアップします。

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。